• トップ
  • 目的で選ぶ
  • 敷く
  • 送料無料/水で固まる土/マサファルト(1袋20kg入り)→5色からお選びください※オプション箱代200円
  • トップ
  • 雑草対策
  • 送料無料/水で固まる土/マサファルト(1袋20kg入り)→5色からお選びください※オプション箱代200円

送料無料/水で固まる土/マサファルト(1袋20kg入り)→5色からお選びください※オプション箱代200円

送料無料/水で固まる土/マサファルト(1袋20kg入り)→5色からお選びください※オプション箱代200円 送料無料/水で固まる土/マサファルト(1袋20kg入り)→5色からお選びください※オプション箱代200円 送料無料/水で固まる土/マサファルト(1袋20kg入り)→5色からお選びください※オプション箱代200円
送料無料/水で固まる土/マサファルト(1袋20kg入り)→5色からお選びください※オプション箱代200円 送料無料/水で固まる土/マサファルト(1袋20kg入り)→5色からお選びください※オプション箱代200円 送料無料/水で固まる土/マサファルト(1袋20kg入り)→5色からお選びください※オプション箱代200円

商品名 : 送料無料/水で固まる土/マサファルト(1袋20kg入り)→5色からお選びください※オプション箱代200円

価格 : 2,440円(税込み2,636円)

数量 :

カラーを選んで下さい
梱包について

「マサファルト」は水をかけて固める雑草防止舗装材です。

真砂土などの天然成分ですので、環境を汚しません。
草避けに、地面のぬかるみ防止、屋外のペットの遊び場に。
敷きレンガやステップの目地埋めにもどうぞ!
目地から雑草が生える前に施工しておくととっても楽ですよ。
3cmの厚みで敷けば雑草はもう生えてきません。
ぬかるむ場所に施工すると、靴のヨゴレも解消できます。

マサファルトは5色あります。
お庭にピッタリの色を選んでみてくださいね。
●雑草防止・ドロドロ地面防止に最適!
自然土を使用した環境にやさしい雑草防止舗装材です。
●真砂土などの天然成分で環境に優しく植物も害しません
透水性・保水性があるからヒートアイランド現象の緩和にも貢献します。
●水をかけて固まる土で、雑草ともサヨナラ〜
レンガも組み合わせて、素敵なお庭に変身しましょう♪
●マサファルトは5色あります
施工場所に合わせてお好みで選んで下さい。 混色も可能です。
■重さ:1袋20kg入り
■必要量:1平米あたり、3cm厚で約50kg袋程必要です。

■送料:送料無料(メーカーより直送の為マサコート以外の商品との同梱できません。)
※離島・沖縄のお客様は別途送料を御見積させていただきます。

■納期:お届けまで1週間ほどかかります。《メーカーより直送させて頂きます。》
 

★気温5℃以下では施工しないでください★

雑草防止・ドロドロ地面防止に最適!
自然土を使用した環境にやさしい雑草防止舗装材です。

真砂土などの天然成分で環境に優しく植物も害しません
透水性・保水性があるからヒートアイランド現象の緩和にも貢献します。

水をかけて固まる土で、雑草ともサヨナラ〜
レンガも組み合わせて、素敵なお庭に変身しましょう♪

マサファルトは5色あります
施工場所に合わせてお好みで選んで下さい。 混色も可能です。

土に還る・・・
施工の厚さ・・・
↑『真砂土色』
どの色も天然成分ですので安心です。
色は天然石の粉を混ぜ込んでいます。
不要になったときには、崩して土に埋めて還すことができます。
↑『赤土色』
歩く所なら厚さ3cm以上をお勧めします。
車両など重いものは乗せられません。
マサファルトは水はけが良いですが、その下が粘土質など水はけが悪いと水が溜まる場合があります。ページ下の方に解消方法の記載がありますので、ご参考になさってください。

マサファルトを使った施工例…お庭の玉手箱スタッフ施工…
マサファルトを使ったモデル施工コチラで作業内容を紹介しています!
   

マサファルトは5色あります!

施工場所に合わせて
お好みで選んで下さいね♪
混色も可能です!

▼アプローチ・テラスなど、上に乗る場所へのご使用について
 マサファルトを施工する場所の下地の地面は、水はけ良くし、しっかりと締め固めをしておきましょう!
☆水はけが良くないと⇒雨が沁み込まない地面では雨の道を作ってしまい、凸凹の原因になります!

こうして解決!!

●砕石の下地を作ります!砕石を突き固めることによって、水はけも良く、締め固まった地面になります。
粒度のバラバラのものを使うとしっかりと締め固めることができます。装飾用の化粧砂利のようなものでは締め固まりませんのでご注意ください。

※保水性のある資材に共通して言えますが、水はけ良く施工された場合にも陽があまり当らない場所(常に湿った状態になるようなところ)ではコケが生えることがあります。